最も高くなるマンション査定の方法を利用しよう

不動産の見積もりを考える場合には3つの基準が存在します

マンション査定SRE不動産 - ソニー不動産

不動産の見積もりを考える場合には3つの基準が存在します : 一括査定を利用することによって効率的に不動産取引を行うことができる : 将来的なリターンを見込んでリーズナブルな価格で取引を行うのがベスト

前提として、不動産の見積もりを考える場合には3つの基準が存在します。
まず、取引事例比較法と呼ばれるものです。
これは、過去に存在した取引事例を参考にして同じような立地条件の土地をその過去の事例の参考価格で取引を行っていく方法です。
公平に判断することができますし、簡単に比較ができるとあってわかりやすいものだといえます。
次に、原価法があります。
原価法は、その名前の通り新築物件であった価格から築年数に応じた減価修正を実施する方法です。
建築物の築年数などから簡単に算出できるため、こちらもわかりやすいやり方です。
最後に、収益還元法と呼ばれるものです。
これは、将来的にどの程度の利益を得られるのかということを参考に行っていくため、その利益の算出の仕方に注意が必要になります。
こういった前提を踏まえて、マンション査定に関連する評価の基準というのは一般的に2つの方法が準備されています。
それぞれ、機械的に判断をする方法と人間の目視によって判断していく方法です。

昨日は前回も販売しておりました「ハイネス川口」査定に伺いました。
この物件は川口東口4分と夜間オートロック!そして大規模修繕で建物も綺麗になってます!この物件は53㎡で約1800~1900の買取が可能です!お問合わせください!#マンション#マンション売りたい#中古マンション#査定 pic.twitter.com/D4MnbalEhZ

— トランプ不動産㈱ 東京営業部 (@trump_maeda) 2019年6月19日