愛される方が幸せだけど重すぎることもある恋愛

大学時代、彼の通っている学祭の宣伝で、私の通っている大学に来た彼と友達になりました。
その後彼に会いたいと言われ、じゃあ一度遊ぼうと約束をして会ってビックリしました。
私があげたプリクラを携帯に貼っていたんです。
交際しているわけでもなく、その頃私は交際していた別の男性がいたのでビックリしました。
ですが、その彼と知り合った直後、彼氏に浮気されあっさりフラれてしまって・・・。
その相談をしたくて彼とまた会ったら、彼は私に一目惚れだったと言い、付き合ってくれるまで帰らないと言われ、結局朝まで話をして、しぶしぶ交際することにしました。
交際しているうちに好きになれるかもと思い、交際していたのですが、なんだかいつも好き好き言われて気持ちが重くて・・・。

同じ大学ではないから気まずくなることもないと思って別れたいと伝えたんです。
すると彼がしつこくしつこく電話をしてきて、なんで別れたいのか、俺のことを嫌いになったのか、悪いところがあれば直す、などという話をしてきました。
人の気持ちは冷めるものだし、そもそもそこまで私は好きという気持ちが無かったので、彼には悪いけど、ちゃんと自分が好きと思える人と付き合おうと思っていたので、
最後にはっきりもう無理だと伝えたんです。

そして、その夜は電話もなくぐっすり眠れました。

翌日、大学の女友達がとても困った様子で私に勘弁してくれと言って来て、何かと思ったら、私が別れたい理由をその友達にしつこく聞いたり、やり直せないか聞いてほしいとしつこく言っていたようです。

ビックリしました。まさか友達にまで被害が及ぶとは思っていなかったので・・・。

二度と友達に迷惑電話しないでほしい、ますます冷める、と伝えてようやく彼が身を引いてくれました。

ストーカーにはならなかったのでホッとしています。

愛される方が幸せだとよく言いますが、愛されすぎも重くて恋愛は難しいなと思った恋でした。デパスを通販で買うには?

生きてきた中で一番の幸せを見つけられる人

人には色々な人生があります。その人にとって幸せの感じ方も違いますし、欲も違います。
私は30年以上生きてきて、今が一番幸せだと感じています。というのは、結婚して子供を授かり、温かい家庭を築いているからではありません。
もちろん、家族と仲良く暮らして行ける事は幸せにつながっていると思います。子供の成長を見るのはやはり幸せを感じますし、家族で笑って過ごせる事も、健康に暮らせる事も幸せです。
しかし、それだけではありません。
学生時代にきちんと勉強し、反抗期を迎え、みなさんが経験するような事を経験してきました。社会に出てからも沢山の事を学ばせていただきました。
そのような何でもない経験を経て、今まで身に付けた知識や経験を活かして現在生活していると感じるから幸せなんです。

よく、あの頃に戻りたいと言う人がいます。私はそれは勿体無いと思うのです。
その、戻りたいと思っている時から現在までに自分が経験した事を今活かせない人は過去に戻ったところで一緒だと思います。
過去の自分よりも現在の自分の方が、確実にレベルは上だと思いますし、その事に気づけない事も活かせない事も勿体無いです。
人生は自分次第で楽しくもつまらなくもできます。幸せを感じられるかどうかも自分次第です。
『笑う門には福来る』と言う言葉がありますが、それと同じで幸せを感じられない人には幸せはやってこないのではないかとさえ思います。

もし今、『幸せになりたい』と思っている人がいるなら気付いて欲しいです。
今の自分が今までの人生の中の最上級である事を。今までの良い経験も苦い経験も全部今に活かせるという事を。
いつも自分が手にしている幸せがあるはずです。そこにいつも気が付ける過ごし方をしていきたいものです。気になるめっちゃぜいたくフルーツ青汁の口コミはこちら。

祖母が教えてくれた毎日が幸せであること

物心がついたころから、ずっとそばにいてくれた祖母の痴呆は振興していたのですが、ご飯を食べた後やお風呂に入った後に、ああ極楽だ、幸せだと大きな声で言っていました。

これくらいのことで幸せな訳ないじゃない、なんてオーバーな表現をするんだと思っていたのですが、そんな祖母が目標であった100歳を超えた途端、ちょっと体調が悪いと入院した直後、苦しむこともなく亡くなってしまいました。

何もしてあげられなかった後悔が押し寄せ、葬儀の準備もままならない中、思い出すのは祖母が幸せだと言っていた楽しそうな笑顔と元気な大声ばかり。

そんなことを家族に言うと、皆、祖母との楽しい日々を思いだし、通夜と葬儀の準備ができるようになりました。

何とか食事が喉を通るようになったときに家族で適当に食事を済ませていると、ああ家族で食卓を囲む日々ってなんて幸せなんだと、その延長線上には、家族だけでなく何かの縁で巡り合った友人とのひとときもなんて幸せなことなんだろうとしみじみ思うようになったのです。

祖母が幸せだと言っていた食事等の日常の生活を、どうしてもっと大切にしてあげられなかったのだろうと思うようになり、今後は、大切な人と過ごす時間を最優先にするようになりました。

どうでもいい飲み会、その後の人生に役に立ちそうにないどうでもいい人とのつまらない時間を過ごすことは、一分一秒たりともしないとおもうようようになり、自宅に居る時間も増えるようになったのです。

そのおかげか、体調も良くなり、家族や友人とのコミュニケーション不足も解消され、ストレスが軽減したと思います。http://xn--n8j7d3b433xf9glwa012dc0d.net/

私が、幸せだと感じた時や幸せだと感じた事について

私が、幸せだと感じる時は、試験に合格した時です。大学を卒業した後に、公務員試験や資格試験を受験していたのですが、公務員試験については不況を云われていた時期が長く続いたこともあって難関と云われており、新卒・既卒問わず入り乱れての高い競争率で大変であると喧伝されていました。また、資格試験についても目を向ける人が多くなってきたこともあり、厳しくなると云われていました。そうした中で、私は、今迄法律関係の資格を取得しようと考え、社会保険労務士試験や司法書士試験などに取り組んでいました。しかし、試験の内容が厳しいということや合格後直ぐに開業することが難しいので、他の資格にも目を向けようと考え、法学検定2級をます受験しよと考えました。過去問をチェックして、公務員試験(当時の国家公務員1種試験)の過去問が参考になると考えたので、公務員試験の問題集や法科大学院入試用の問題集を何度も繰り返して解いていき、安心して解答出来るまでに訓練しました。試験日が近くなると、頭が痛くなるまで学習時間を増やし、本試験に臨みました。本試験では、1問当たり3分も時間をかけられないので、手早く問題を読んで解答しましたが、試験時間中に解答出来ました。帰宅する時は、合格を確信していましたが、合格発表後に合格証書が郵送されてきて、嬉しかったです。受験料が12600円(当時)で、試験のレヴェルが高かったので、報われた気持ちでした。その後も、公務員試験(大卒程度・教養+専門試験)の一次試験にも合格していったので、私の学習法が良かったのだと思いました。その他の資格試験についても、どんどん合格していったので、合格証書を受け取った時の嬉しい気持ちは、今も鮮明です。一つ一つ山を越すという、この達成感が、私が幸せだと感じた時です。今後も、精進していきたいと考えています。ソノコホワイトニングジェルの口コミが気になっています。

わたしの幸せだなと思う瞬間・行動

幸せだなぁと感じるとき,それはストレスからの解放です。原稿が仕上がらなかったり,資料やデータ入力が間に合わずイライラしているとき,作業が深夜にまでなるとき,いろいろとストレスがかかります。そんな作業から,解放された瞬間何とも言えない,解放感がわいてきます。そして朝や昼間に作業が仕上がれば,どこか食べ歩きに出かけます。このひと時の休憩が何とも言えません。ここで,しっかり楽しみます。もちろん,食べ歩き以外にも,喫茶店に立ち寄って,コーヒーを飲んでみたり,昼食なら一人ランチをしたりと,一人でいるからこそ,楽しい時を過ごせます。
 たまに一人で歩いていると,ちょっと不思議な,というか気になる光景を目にすることがあります。そんなときは,見ず知らずの人に声をかけて世間話をするきっかけになり,楽しいです。みなさん気さくに話に乗ってくださり,しあわせだなぁって感じます。
 これが夜なら,お風呂です。浴槽いっぱいにいれたおゆのなかに,ざぶんって一気に入ってお湯があふれているが気持ちいいです。こんなときは,気持ちいいので,かれこれ1時間近く入浴してしまいます。
 休みの日はというと,映画をみたり,ドラマをみたり,音楽を聴いたりと,一人暮らしをエンジョイできていることそのものが幸せです。仕事から解放され,ゆっくりできて,ボーっとしているときが,今日は休みなんだぁ!と実感でき,これまた幸せを感じます。
 いろんな楽しみを感じていると,やっぱり一番幸せなのは,こうして生きて,生活できて,普通のことを普通にしていられること,これが一番幸せだなぁと感じる瞬間ですかね。エルシーノが欲しいです。

風邪をひいた時の手っ取り早い処置方法

季節の変わり目や不規則な生活習慣などで、風邪を引きやすくなりますが、いくら対策し予防をしたところで、引いてしまうときは引いてしまいます。そこで既に実践されている方もおられると思いますが、あえて推奨したいのが【喉や鼻に少しでも違和感を感じたら耳鼻科へ行く】と、いうのが一番手っ取り早く、尚且つ早く治る方法です。【喉に少し違和感を感じるのでうがいをする】確かにそれも良いのかも知れませんが、経験上風邪の症状が抑えられたり治ったり等は、したことがありません。ですので風邪の症状が少しでも確認されたのならば、すぐに耳鼻科へ行くことをオススメします。ただここでのポイントは、ただ単に病院へ行くのではなく、耳鼻科へ行って下さい。経験上私だけかもしれませんが、総合病院等の内科へ行っても、診察をして薬の処方をしてくれるだけで、確かに効果はありますが何処か心もとないです(私の行った病院だけかもしれませんが)。その点耳鼻科は問診はもちろんのこと、喉に少しでも赤みがあれば、直接薬を塗ってくれたりとか色々な対応をし、その病状に合った処方をしてれます。ですので耳鼻科に行った事によって、改善しする事はもちろんのこと、悪化する事はまずありません。私の経験上この方法が一番手っ取り早く、なにより確実に風邪を治す事ができます。ちょっとした風邪で耳鼻科まで行く事に抵抗があるかも知れませんが、風邪は万病の元であり、引き始めが重要です。ですので少しでも風邪の症状が確認されれば、すぐに耳鼻科へ行く事をオススメします。わらびはだの口コミが気になっています。

自分にとって休日だけにしか出来ない楽しみ方

休日だけの楽しみといえば、自分の場合はやはりパチンコ、スロットがメインになっています。

日々稼いだお金を無駄にするからやめたほうが
いいと思う方もいるかもしれませんが、
純粋に楽しむという目的で行く分にはなんの
問題もないと思っといます。

行く前に、だいたいの予算を決め、
その日の勝ち分はその日のうちに
パーっと使ってしまうという江戸っ子ばりの
生き方が楽しくてハマっています。

勝った後に、いつもお世話になっている友達に
ご飯をご馳走してあげるのもいいですし、
付き合っている彼女とちょっと高級料理を
食べに行くなんてことも素敵なことだと思っています。

忙しい平日があるからこその休日だと思っているので、
じぶんのやりたいことを思う存分やることが1番ではないかと思います。

負けた時の場合でも、そのお金に執着せず、
次の機会に勝てばいい、むしろ勝ったら
儲けもの程度に考えていれば、楽しく過ごすことが
出来るはずです。

勝ったお金は負けた時のお金だから貯めておこう
と考えるのではなく、たまたま棚からへそくりが
出てきたから使っちゃおうというように考えているため
私の場合はこれが自分の楽しみ方という感じです。

休日だけにしか出来ない楽しみ方をこれからも
大切に過ごしていきたいと思っています。ハピメで出会ってみたいです!

精神障害者である私と恋愛・結婚

現在34歳の男ですが、27歳のときに心療内科で広汎性発達障害と診断され、それまでも生活や仕事、人間関係で多大な苦労をしてきたのでその診断を受け入れ、障害者手帳を取得して障害者としての人生をスタートすることになりました。そんな私ですが、子供の頃は両親と同じように、20代あたりで自然な出会いをして、恋愛をして、社会人として社会の歯車になり、子供を設けて生活していく…と漠然と考えていました。しかし、障害の診断が出たことでそのあたりの前提が一気に崩れ落ちました。まず、最低でも子供を作るのは諦めなさいと母に言われました。障害が遺伝する可能性があるし、そもそも正社員が難しいため経済的、そして年々弱る体力的に育児をできるほどのキャパシティがありません。これについては私も強く同意しています。その後彼女が二回でき、二人とも2年以上の交際で、結婚まで考えていました。しかし、母は無理して結婚することもない、と言っています。独身貴族で一人で気楽で生きていくのも悪くないな、とは個人的にも思っています。特に、最近ネットのまとめサイトなどで、結婚生活の善悪がかなり露呈しているので…今気になっている相手がいるのですが、もし付き合えて、本当に良い相手だったら結婚できたらなあ、とは思っています。いわゆるDINKS家庭で、夫婦仲良くのんびり、みたいな恋愛がいいです。どちらにせよ、この世界をうまく生き抜いてそれなりに幸せを掴めたらいいな、と思います。

些細なことでも幸せを感じるときの瞬間

僕は貧乏性なんで些細なことで幸せを感じます。たとえば今ダイエット中で朝体重測定したら前の日より1キロ減っていたとか。いつも買い物行くスーパーで弁当や惣菜を半額する時間帯狙って行こうとしたけどその時間帯より遅れて行ってもまだ商品が残っていたりとか。歩いて知らない人とすれ違ったときに向こうからすれ違い際に挨拶されたりとか。店の店員さんに優しくされたりとか普段何気ない日常の生活の中にたくさんの幸せな瞬間ありますね。朝起きてコップ一杯の水を飲むときやソファーに座ってモーニングコーヒーを飲みながら寛ぐときなんか時間を忘れて静寂な幸せの瞬間を感じますね。昼は店で昼飯食べたときにトンカツ定食のキャベツがいつもより多く盛ってあったり蕎麦定食のときは薬味ねぎが多かったりとか本当に些細な幸せありますね。仕事帰りのバス停でバス待ってるときバスが来てバスに乗ろうとしたら相手がこっちより早く乗るの譲ってくれたりしてさらに言えばバスの中で学生がお年寄りに席を譲る姿は気持ちの良い幸せの瞬間です。帰宅して風呂の湯船に浸かって疲れを取る瞬間、風呂上がりのキンキンに冷えたビールの最初の一口も幸せの瞬間ですね。夜はナイター観ながらビール片手につまみはチーズ、幸せなひとときです。家で持ち帰った仕事終わらせたとき、特に自分が満足できる内容で終わらせたなら幸せの瞬間は最高だ。そして眠るとき今日一日振り返る瞬間、朝は希望を持って起き昼は懸命に働き夜は感謝して寝る。この振り返って布団に入って寝るときが幸せの瞬間である。

学生同士の初恋相手との初々しいデート

高校生の時に同級生の男の子に恋をしました。
その男の子は頭が良く外見や身長も良く、空手部所属で男らしい人でした。
私は奥手だった為、廊下などですれ違う時に見る程度です。しかも相手に恋していると察知されないようにクールに過ごしていました。
ある日、クラスの中の良い友達からその男の子が私の事が気になっているとの話を聞きました。
私はその日から今まで以上に男の子と通りすぎる度に意識してしまいました。男の子も私に視線を送っているのを感じるようになりました。
私は音楽部でした。
1ヶ月に文化祭がある為、1人で体育館のステージでピアノの練習をしていると、男の子が私を見に来ました。恥ずかしかったのか端の方に立って見ていたのでピアノの演奏を終えてから勇気を出して話しかけようとした時、男の子の方から体育館に響く大きな声で好きです、付き合って下さいと告白されました。
突然の告白で驚いてしまい、胸がドキドキして数分間返事が出来ませんでした。
男の子は私の方に近づいてきてもう一度告白してきました。
私も今まで好きだった事を告白しました。
その日から私達は付き合うようになりました。帰りは部活が終わるのを待って手を繋いで一緒に帰り、休みの日は遊園地に行ったりと初々しいデートを重ねました。今では淡い思い出ですが、私も相手も勇気が無かったのか手を繋ぐだけの恋人でしたが、純粋な恋をしました。私の初恋です。