自分にとって休日だけにしか出来ない楽しみ方

休日だけの楽しみといえば、自分の場合はやはりパチンコ、スロットがメインになっています。

日々稼いだお金を無駄にするからやめたほうが
いいと思う方もいるかもしれませんが、
純粋に楽しむという目的で行く分にはなんの
問題もないと思っといます。

行く前に、だいたいの予算を決め、
その日の勝ち分はその日のうちに
パーっと使ってしまうという江戸っ子ばりの
生き方が楽しくてハマっています。

勝った後に、いつもお世話になっている友達に
ご飯をご馳走してあげるのもいいですし、
付き合っている彼女とちょっと高級料理を
食べに行くなんてことも素敵なことだと思っています。

忙しい平日があるからこその休日だと思っているので、
じぶんのやりたいことを思う存分やることが1番ではないかと思います。

負けた時の場合でも、そのお金に執着せず、
次の機会に勝てばいい、むしろ勝ったら
儲けもの程度に考えていれば、楽しく過ごすことが
出来るはずです。

勝ったお金は負けた時のお金だから貯めておこう
と考えるのではなく、たまたま棚からへそくりが
出てきたから使っちゃおうというように考えているため
私の場合はこれが自分の楽しみ方という感じです。

休日だけにしか出来ない楽しみ方をこれからも
大切に過ごしていきたいと思っています。ハピメで出会ってみたいです!

精神障害者である私と恋愛・結婚

現在34歳の男ですが、27歳のときに心療内科で広汎性発達障害と診断され、それまでも生活や仕事、人間関係で多大な苦労をしてきたのでその診断を受け入れ、障害者手帳を取得して障害者としての人生をスタートすることになりました。そんな私ですが、子供の頃は両親と同じように、20代あたりで自然な出会いをして、恋愛をして、社会人として社会の歯車になり、子供を設けて生活していく…と漠然と考えていました。しかし、障害の診断が出たことでそのあたりの前提が一気に崩れ落ちました。まず、最低でも子供を作るのは諦めなさいと母に言われました。障害が遺伝する可能性があるし、そもそも正社員が難しいため経済的、そして年々弱る体力的に育児をできるほどのキャパシティがありません。これについては私も強く同意しています。その後彼女が二回でき、二人とも2年以上の交際で、結婚まで考えていました。しかし、母は無理して結婚することもない、と言っています。独身貴族で一人で気楽で生きていくのも悪くないな、とは個人的にも思っています。特に、最近ネットのまとめサイトなどで、結婚生活の善悪がかなり露呈しているので…今気になっている相手がいるのですが、もし付き合えて、本当に良い相手だったら結婚できたらなあ、とは思っています。いわゆるDINKS家庭で、夫婦仲良くのんびり、みたいな恋愛がいいです。どちらにせよ、この世界をうまく生き抜いてそれなりに幸せを掴めたらいいな、と思います。

些細なことでも幸せを感じるときの瞬間

僕は貧乏性なんで些細なことで幸せを感じます。たとえば今ダイエット中で朝体重測定したら前の日より1キロ減っていたとか。いつも買い物行くスーパーで弁当や惣菜を半額する時間帯狙って行こうとしたけどその時間帯より遅れて行ってもまだ商品が残っていたりとか。歩いて知らない人とすれ違ったときに向こうからすれ違い際に挨拶されたりとか。店の店員さんに優しくされたりとか普段何気ない日常の生活の中にたくさんの幸せな瞬間ありますね。朝起きてコップ一杯の水を飲むときやソファーに座ってモーニングコーヒーを飲みながら寛ぐときなんか時間を忘れて静寂な幸せの瞬間を感じますね。昼は店で昼飯食べたときにトンカツ定食のキャベツがいつもより多く盛ってあったり蕎麦定食のときは薬味ねぎが多かったりとか本当に些細な幸せありますね。仕事帰りのバス停でバス待ってるときバスが来てバスに乗ろうとしたら相手がこっちより早く乗るの譲ってくれたりしてさらに言えばバスの中で学生がお年寄りに席を譲る姿は気持ちの良い幸せの瞬間です。帰宅して風呂の湯船に浸かって疲れを取る瞬間、風呂上がりのキンキンに冷えたビールの最初の一口も幸せの瞬間ですね。夜はナイター観ながらビール片手につまみはチーズ、幸せなひとときです。家で持ち帰った仕事終わらせたとき、特に自分が満足できる内容で終わらせたなら幸せの瞬間は最高だ。そして眠るとき今日一日振り返る瞬間、朝は希望を持って起き昼は懸命に働き夜は感謝して寝る。この振り返って布団に入って寝るときが幸せの瞬間である。

学生同士の初恋相手との初々しいデート

高校生の時に同級生の男の子に恋をしました。
その男の子は頭が良く外見や身長も良く、空手部所属で男らしい人でした。
私は奥手だった為、廊下などですれ違う時に見る程度です。しかも相手に恋していると察知されないようにクールに過ごしていました。
ある日、クラスの中の良い友達からその男の子が私の事が気になっているとの話を聞きました。
私はその日から今まで以上に男の子と通りすぎる度に意識してしまいました。男の子も私に視線を送っているのを感じるようになりました。
私は音楽部でした。
1ヶ月に文化祭がある為、1人で体育館のステージでピアノの練習をしていると、男の子が私を見に来ました。恥ずかしかったのか端の方に立って見ていたのでピアノの演奏を終えてから勇気を出して話しかけようとした時、男の子の方から体育館に響く大きな声で好きです、付き合って下さいと告白されました。
突然の告白で驚いてしまい、胸がドキドキして数分間返事が出来ませんでした。
男の子は私の方に近づいてきてもう一度告白してきました。
私も今まで好きだった事を告白しました。
その日から私達は付き合うようになりました。帰りは部活が終わるのを待って手を繋いで一緒に帰り、休みの日は遊園地に行ったりと初々しいデートを重ねました。今では淡い思い出ですが、私も相手も勇気が無かったのか手を繋ぐだけの恋人でしたが、純粋な恋をしました。私の初恋です。

何故か小腹が空いてしまうとメソッドには甘味を掴んでをいっぱい食べて過ごします。

ぼくは間食が大好きです。小学生の機会から間食が大好きでした。いっぱい間食を買って家で食べたり、公園で食べていました。大好きな間食は、チョコレートとクッキーとポテトチップスと菓子パンだ。どれも比較的に値段が安くて、身近なショップにいる間食だ。日々間食を買いません。OFFに食べたい間食を買って、家でのんびりしながら間食を食べてます。チョコレート全般のしている時で板チョコが好きで鋭く買ってます。板チョコレートのしている時ではホワイトチョコレートを2枚ぐらい買って食べてます。ホワイトチョコレートはチョコレートとおっぱいが混ざっていてとても美味いだ。クッキーはダイソーとドラッグストアとメインシティーにあるクッキーが好きです。クッキー一切が大好きで日々食べても飽きません。サクサクしていて、手ぬるいクッキーが最高です。しかも100円でいっぱい入ってるのでお得です。ぼくはOFFによくクッキーを買います。ポテトチップスは大体格しか買いません。100円ぐらいのポテトチップスがありますが、体格が少ないし、物足りないので大体格のポテトチップスしか買いません。ポテトチップスではコンソメパンチ味が好きです。ポテトチップスに付いてる香味料がうまいだ。日々食べたいだ。菓子パンは安くて、小腹が空いた場合食べたい菓子パンだ。しかし、払えるお天道様と買えないお天道様があります。菓子パンが販売されてる業者に日々いるとは限らずに替わります。なかなか難しいです。運気が良い日には、紅いもの菓子パンと大きなメロンパンが支払えるので嬉しいです。このように菓子パンはある日と乏しいお天道様があるので、菓子パンはゼロヶ1ヶ月に1回しかもらえません。それでも、菓子パンは大好きです。ぼくはOFFに家で間食を食べますが、友人が建物にプレイに来ても、間食は絶対にあげたくないです。自分で採り入れるために買った間食は友人にあげたくないです。でも、母体やペットの犬には間食を半分分ぐらいあげたりしています。OFFは間食を食べて過ごすのは良いだ。http://www.herzogdemeuron-film.com/