banner

海外で注目されている和食について

banner 世界的に健康に対する意識が高まったことで海外の国では和食が見直されています。
特に肥満大国と言われているアメリカでは注目されています。
日本食の特徴は一汁三菜でおかず三種と御飯、汁物で構成され栄養バランスにおいて丁度よい量となっています。
海外での和食は前はすし、すき焼きが多かったようですが、現在ではうどん、そば、ラーメン、魚や根菜などの昔ながらの日本食も多くなり注目度は増しています。
現在のように注目度が低かった時代は日本食も中華も同じ食べ物だと思われていたようですが、今では認知されています。
これは、日本人のオーナーや料理人が直接、料理を提供するお店が増えた事とメディアなどの情報が正確に伝わるようになった事が影響しているのだと思います。
日本で食べるフランス料理やイタリア料理が日本人に食べやすい食材や味に進化したように、海外の和食もその国の文化に合った物へ進化して行くと思います。
日本は欧米化していく事も悪くはないと思いますが、世界で注目される日本食を日本人が見直す事は大事だと思います。

関連情報一覧

banner
海外でも和の食文化が浸透しており、もてなしの心で料理が提案されています。
日本で和の知識や技術

海外の面白い和食文化

banner
海外から旅行に訪れるケースは増え、自ずと日本食に関心を深める外国人も増加傾向にあります。
世界

和食の作法や調味の知識

banner
海外に行くと、現地料理も食べたいですが、飽きてくるとやはり、和食が食べたくなると思います。

海外での和食料理について

Copyright(c) 海外 和食 All Rights Reserved.